厚生労働省認可の美白成分

厚生労働省認可の美白成分が気になる!?

厚生労働省認可の美白成分の主なものはコチラ!

 

@ビタミンC誘導体

 

Aアルブチン

 

BカモミラET

 

Cトラネキサム酸

 

Dプラセンタエキス

 

美白成分というと、肌にできたシミを漂白し白くする

 

というイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが

 

美白成分にそのような効果はありません。

 

あくまで、シミの元であるメラニン色素を作らせないように

 

働きかける成分なのです。

 

 

また、5つの美白成分をご紹介しましたが

 

メラニン色素を作らせないようにするという目的は同じでも

 

美白成分によって作用の仕方が全然違います。

 

「シミが出来るメカニズム」

@紫外線が皮膚に当たると「エンドセリン」という情報伝達物質が分泌される。

 

Aエンドセリンがメラノサイトに「メラニンを作れ」と指令を出します。

 

出来たばかりのメラニンは、チロシンというアミノ酸、

 

このチロシンにチロシナーゼ酵素が働きかけることで

 

黒色メラニンに変換します。

 

 

Bメラニン色素がメラノサイトから分泌される

 

Cメラニン色素が過剰になったり皮膚に滞留するとシミになります。

 

例えば、カモミラETという美白成分がありますが、

 

コチラは「メラニンを作れ」という指令を出す情報伝達物質

 

の働きを阻害することでメラニンの生成を抑えます。

 

アルブチンやビタミンC誘導体なんかはチロシナーゼ酵素を

 

阻害することでメラニンの生成を抑える美白成分です。

 

 

個人的にシミ予防を徹底したいなら

@紫外線から肌を守ること「UV対策」

 

Aシミのメカニズムの先駆けとなる情報伝達物質を阻害

 

Bチロシナーゼ酵素を阻害する

 

ここまでケアすればシミ一つない美しい肌を作れるのでは?

 

と私個人は思っちゃいます。

 

 

さて、医薬部外品の美白化粧品で白斑の症状が出たものも

 

ありますが、ビタミンC誘導体やアルブチンは20年以上の

 

使用実績があり、厳しい効能試験をクリアしている安全な

 

美白成分なので安心してお使いください。

 

 

ちなみに米肌の美白化粧品にはビタミンC誘導体が配合!

 

安全かつ効果の高い美白対策が期待できますよ。

 

 


>>コーセーの米肌澄肌美白の詳細はコチラ<<